01_4.jpg

ヒストリー

Amedeo Testoni(アメデオ・テストーニ)

の物語は「Heart of shoemaking」として知られる

イタリアのボローニャで始まりました。

若きAmedeoは12世紀頃から始まるボローニャの

靴作り文化をより学ぶために大きな工房に師事

メキメキと頭角を現し24歳の頃には靴作りの

秘訣を全てマスターしていました。

そして1929年「世界で最も美しい靴をつくる」

という夢を掲げa.testoniを設立しました。

ボロネーゼ製法

ボロネーゼ製法をAmedeo Testoniは1950年代に

今の形に完成させました。

彼がイノベーションを起こしたこの非常に特殊な

製法は200以上の工程を経て初めて出来上がります。

ヤギ革を使った柔らかな袋状のライニングが足を

優しく包み込みその一方でかかとをしっかりと

支える特別なインソール。

その計算しつくされた他の製法にない柔軟性と

快適さは世界中のファンを魅了する存在となりました。

1/4

History&

HandIcraft

特徴のあるデティールと仕上げ

フィレットーネ

レザーとレザーをカンガルー革で縫い合わせた、熟練した職人のみが成し得るパイピング技巧。

その他にもa.testoniブランドの靴を作るには、最大200の手動ステップががあり、カッティングから縫製に始まり様々な工程を経た最後に、シューズはその職人の手によって絶妙な仕上げで磨きあげられます。

1/5

素材-絶対的な品質への探求心

カーフスキンからダチョウ、クロコダイルに至るまで、さまざまな種類の革が使用されており、そのどれに対しても継続的な挑戦と取り組みが行われています。最高の革を選択し、それらの耐性をテスト、そして機械でさえもカットできない複雑な素材を取り扱う事のできる各スペシャリストが日々挑戦を続けています。

1/2

Follow Us!

  • Facebook
  • Instagram

法的要件・免責事項

​問合せ

日本

​シューズ、バッグ

Copyright © 2020 a.testoni s.p.a. - Via Fratelli Rosselli, 2 40050 Funo di Argelato (Bologna) - Italia - VAT 00300560372 - REA BO 193722

a-testoni.png
0